TEL 026-263-7588

代表者のご紹介

不動産の取引という“大きな決断”に寄り添えるパートナーとして

このページでは、弊社代表である川端 明人(かわばた あきひと)の紹介をさせていただきます。 不動産の取引という“大きな決断”に寄り添えるパートナーとして、皆様に安心してご用命いただけるよう、その想いを語りました。

この場所で不動産業を始めたきっかけ

生まれも育ちも長野市です。
実家は善光寺の裏手にある箱清水というところにありました。
もともと父親が不動産業を営んでいましたが、子どもの頃は跡を継ぐことは全く考えていませんでした。

大学卒業後に、東京の大手映画興行会社に入社し、仕事にも周りの人たちにも恵まれました。
その一方で、同じグループ会社の不動産流通販売会社の同期の仕事ぶりを見て、「人の役に立つ接客業が楽しそうだな」とも思っていました。

20代の終わり頃、父親が高齢になったこともあり、「一度しかない人生、地元長野へ戻って、自分の力でやりたことをやろう」とUターンを決意。
不動産業界には、父親のカバン持ちとして、足を踏み入れました。
しかし、自分が未熟だったこと、不慣れだったことも重なり、数年間はとても苦労しました。

そんななか、お客様や物件のデータを一元管理するシステムを導入し、それをチラシや情報誌にしてお届けするサービスを始めました。
当時はまだインターネットがなかった時代でしたが、それをいち早く取り入れて営業の工夫をしたことで、自分なりの手ごたえを感じられるようになってゆきました。

川端明人 不動産の取引という”おおきな決断”に寄り添えるパートナーとして

ご相談が多い内容とは

不動産業には、アパートや貸家、テナントの賃貸・管理、宅地分譲開発、コンサルティングなどいろいろありますが、弊社は「居住用の不動産売買仲介業」に特化しています。

家や土地という“財産”を、「次の所有者に有効に生かしてもらいたい」という想いでご相談に来られる方がほとんどです。
長野県内のみならず、首都圏在住でご実家の売却を希望される方も多いです。

「親から家を相続したが、誰も住む予定がない」
「空き家の荷物の片付けをどうしたらよいか」
「更地にしたほうがよいか、それとも中古住宅として売り出したほうがいいのか」
「相続登記はどうしたらよいか」
というご相談をよくいただきます。

また、郊外の一軒家にお住まいの年配の方からも、
「毎年の草取りや雪かきが負担になっているので、住み替えたほうがいいのか」
というご相談も多く寄せられます。

 

株式会社中部エース・代表取締役・川端明人

日頃、心がけていること

不動産はたくさんの“想い”が詰まった宝箱のようなものです。
だからこそ、丁寧にご対応するよう心がけています。

売却理由も、家族構成も、住んでいる場所も、お一人おひとり違います。
今まで歩んでこられた人生も含め、よくお話をお聞きして、未来に向かって最善の方法を考えます。

私自身も父親の生前、実家を片付けるのに非常に苦労した経験があり、お客様と共感する場面が多々あります。
精神的にも経済的にも時間的にも、できるだけ負担がかからないようにご協力させていただいています。

また、「不動産屋」というと、とっつきにくく騙されるんじゃないかと、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
できるだけ、専門用語や法律用語も分かりやすくお伝えし、お客様との信頼関係が構築できるように努めています。

これからの不動産業が担う役割

今後、人口がどんどん減ってゆく中で、空き家がますます増えていきます。
つまり、相続関係の問題が出てくることは必至です。
放置すれば放置するほど問題が複雑化してしまいます。

ですから、気軽にご相談いただける場を提供して、お客様に寄り添いながら、ひとつひとつ解決してゆくお手伝いができればと思っています。

捨てられない荷物や遺品については、それぞれを遺産として大切に扱ってくれる信頼できる業者をご紹介します。
相続権者の問題などについては、司法書士や弁護士の力も借りながら、それぞれの専門家がチームでサポートいたします。

川端明人 これからの不動産業が担う役割

プライベートの顔

仕事大好き人間なので、休日にも仕事にかかわることをしていることが多いですが、前職が映画興行の仕事でしたので、妻と映画館によく行きます。
街歩きしながら写真撮影をしたり(愛機はSONYα7sⅡ)、郊外の温泉にも出かけたりするのも、良い気分転換になっています。
健康のために始めたウォーキングは、20年以上欠かさず毎朝続けています。

若い頃から、まだ誰もやっていないことに、チャレンジするのが好きでした。
25年前にデータベースシステムを導入したこともそうですが、35年前、まだ海外で結婚式をする人が少なかった時代に、ヴェネツィアで結婚式をしたりもしました。
妻を喜ばせたくて、ウェディングドレスをイタリアで仕立ててもらったのも、良い思い出です。

川端明人 プライベートの顔

未来のお客様へのメッセージ

会社の利益ももちろん大事ですが、お客様のためになる方法を一番に考えています。
不動産についてだけでなく、“人生”をも一緒に考え、「相談して、本当に良かった」思っていただける会社を目指しています。

取引に関わったみなさんが、良い雰囲気の中で「ありがとうございました」と言い合って決済が終わる瞬間に、心からのやりがいを感じます。
地元で30年、信頼を得てきた実績がありますが、これからもさらに、この瞬間を重ねていきたいです。

不安定で不確実で先が見えない時代だからこそ、不動産という財産に関することは、ぜひ一度、弊社にご相談ください。

 

編集後記

「いつもお客様の聞き役に徹しているので、自分のことを話すのは苦手ですね」とおっしゃる川端さん。物腰がやわらかく、良い意味で「不動産屋さんらしくない」と感じました。思い出と歴史がたくさん詰まった「家」を、より良い未来に導くために、お客様に寄り添いながら、心を込めてお仕事されていることが、言葉の一つひとつから伝わってきました。その一方で、新しいことにチャレンジする情熱と勢いも秘めてらっしゃる。今後ますます空き家問題が増えるなか、川端さんの存在は貴重だと思いました。私の実家も、川端さんにご相談したかった~(笑) マキレイカ(藤枝れいか)

取材・インタビュー / 藤枝れいか

**********************

株式会社中部エース 代表取締役 川端明人

1961年生まれ、成蹊大学卒。
東急系の某上場会社勤務を経て、1990年株式会社中部エース入社。 2000年から現職。

◆保有資格
・宅地建物取引士(国土交通省)
・宅建マイスター(上級宅建士・公益社団法人不動産流通推進センター)
・マンション管理士(国土交通大臣指定・財団法人マンション管理センター)
・2級建築施工管理技士(国土交通省)
・一級建物アドバイザー(特定非営利活動法人住宅情報ネットワーク)
・管理業務主任者(一般社団法人マンション管理業協会)
・住宅ローンアドバイザー(一般財団法人住宅金融普及協会)
・不動産キャリアパーソン(公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会)
◆役員
・長野市空き家バンク部会・北部地区責任者

不動産の悩みを 株式会社中部エース 川端 明人に直接無料相談

不動産の悩みを川端 明人に直接無料相談する