TEL 026-263-7588

マイホーム新築で失敗しない!土地選びのコツ

住宅用地の写真

「購入する土地がなかなか決まらない」と悩んでいませんか?
マイホームに適した1件を選び出すには、購入の基準をはっきりとさせておくと良いでしょう。お買い得な土地の特徴も掴んでおけば、目利きに役立ちます。

土地購入でよくある失敗

注文住宅を建てた人の中には、長らく「土地購入で失敗した」と悩む人が珍しくありません。特に多いのは、下記のような体験談です。

  • 家屋の建設費が足りなくなった
  • …条件を曖昧にしたまま土地選びに着手すると、妥協できるポイントが見つからず、流れで高価な物件を購入しがちです。そうなれば、必然的に建設予算を圧迫してしまい、家の住み良さに悪影響が及びます。

  • 住み心地が下見した時の印象と違う
  • …下見は時間帯やルートを変えて入念に行わないと、実際に暮らし始めてから「想像以上に交通の便が悪い」「騒音があり落ち着けない」といった事象に悩まされる可能性があります。

  • トラブルに巻き込まれた
  • …「隣人ともめている」等、机上で物件情報を眺めているだけでは分からない、隠された欠陥があるかもしれません。情報取得を疎かにすると、後々面倒なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

土地選びで着目したいポイント

紹介したような失敗を避ける上で、最低限チェックしておきたいポイントが4つあります。最重要視する項目に関しては、個別に家族と話し合って見定めましょう。

土地の広さ

第1に着目したいのは、土地の広さです。広すぎると購入費・維持費ともに上昇し、反対に狭すぎると住み良さに影響します。個別に建築規制の状況と建てたい家の階数から判断し、適度な広さを確保しなければなりません。
なお、住宅金融支援機構が2020年度に集計した注文住宅用の土地購入面積は、全国平均で約37.5坪となっています。これを1つの目安にするのも良いでしょう。

長野市でも最近は駐車スペースさえ確保出来れば、庭まではいらないというお客様がが多く、40坪~50坪が目安でしょうか。

交通の便+道路幅の方位や幅

第2に着目したいのは、交通事情です。最寄りの駅やバス停、乗り入れ路線等も確認し、通勤・通学の便を確認しておきましょう。
自動車が主な移動手段となる地域では、隣接する道路の方位と幅も重要です。場合によっては、駐車スペースを作るため家屋の設計が著しく制限されるかもしれません。

周辺環境

第3に、周辺施設や騒音・悪臭の有無もチェックしておきましょう。失敗例で触れたように、時間帯によって不都合が生じることもあります。
下見で分からない場合は、不動産会社に周辺の地図を調べてもらい、環境について相談してみると良いでしょう。

トラブルの有無

第4に注意したいのが、近隣の情報です。住人の性格やクレーム情報だけでなく、境界トラブルの有無もチェックしておきましょう。
所有者が長らく変わっていない土地は、置石などでざっくりと境界を決めているケースが珍しくありません。そのまま時間が経つと、標識埋没・地域住民の没交渉化等が原因で所有権の境目が分からなくなり、所有者の入れ替わりでトラブルに発展しがちです。これを解決しようとすると、筆界特定のため測量費等の余計な支出が発生します。

購入費を節約したい人におすすめの土地

一般に不人気とされる土地でも、実のところマイホームを建てる上ではかえって都合が良い場合があります。購入費をなるべく抑えたい人は、下記のような土地も視野に入れると良いでしょう。

市街化調整区域の土地

法律上「市街化調整区域」に属する土地は、自由な建築が認められておりません。

ただし、都市計画で市街化区域と市街化調整区域の区域を定めた日(「線引き」といいます。長野市の場合は昭和46年1月28日)に既に「宅地」であった土地については、 用途や形態制限(建ぺい率、容積率、高さ制限))が第二種低層住居専用地域の制限に該当することなどの制限はありますが建築することができます。

宅地になった日は登記簿謄本で調べることが出来ます。

不動産屋さんかハウスメーカーさんに調べてもらって、役所の建築指導課で確認のうえ建築を計画してください。

不整形地・傾斜地・狭小地

建築には不向きとされている形状の土地でも、住む人ごとに意外なメリットが隠れているかもしれません。
典型的なのは旗竿地(袋地)で、近年は静音性やプライバシー性の高さで再評価されつつあります。狭小地なら3階建で日当たりの良い家、傾斜地なら掘り込み式車庫の設置……とのように、短所を長所に変える設計は多数存在します。

 

土地の良し悪しは地域情報に詳しい不動産会社へ
住宅用地ごとの性質は、その地域に精通していないと見極められないものです。購入候補にできる売土地情報の数も、ネットより地域の不動産会社の方が豊富です。
長野市の土地物件を多く扱う私たち株式会社中部エースは、不動産売買専門店です。マイホームの新築に関することは、遠慮なく是非ご相談ください。

長野市エリアの不動産購入、ご希望条件のご登録はこちら