油断は禁物ですね。

昨日の長野市は良く冷え込み、
最低気温が-9.5℃、最高気温も-1.1℃の真冬日でした。
この冬一番の寒さとのことです。

ここまで寒いと、給湯器が凍結のために
パンクしてしまうことがあります。

給湯器から水がジャージャー漏れている光景に立ち合うことが
ありますが、ゾッとします。

ご存知の方も多いとは思いますが・・・。

バスタブの循環口(水とお湯の出入口)の上まで
水を張っておくと凍結防止に有効です。

ある程度の寒さになると給湯器が検知し、
自動的に水を循環させて
凍結してしまうのを防ぐ凍結防止機能が働きます。

冬の間は、風呂の水を抜かずにためておくことを
おすすめします。

また、水道配管が凍結する場合もありますので、
凍結防止帯の点検とともに、冬場は電気を切らずに
通電しておく必要があります。

特に空き家や長期的に留守になる家は、完全に水抜きをする
自信がなければ、通電しておいたほうが良いと思います。

暖かいと思われているマンションでも
空き室のため過去に凍結してしまったことがあり、
大変なことになりました。

油断は禁物ですね。

関連記事一覧

  1. 住宅街
  2. 新緑のイメージ
  3. 住宅用の火災警報器
PAGE TOP